心がふるえたエピソード (supported by CareNet)

よっしーさん

マンガに関連する取組・話題

もっと読んで知る

審査員コメント

  • 佐渡島 庸平

    佐渡島 庸平

    (株)コルク代表取締役
    編集者

    たくさん描いて挑戦してくれた上に、カラーの絵でわかりやすさに気を付けているのが素晴らしかった。

    たくさん描いて挑戦してくれた上に、カラーの絵でわかりやすさに気を付けているのが素晴らしかった。

  • こしの りょう

    こしの りょう

    マンガ家

    ラストのオチが良かったです。「あの時の絵本・・・今も大切にもってます!」のセリフから・・・これから「カイト先生」がどんな先生になっていくか、うかがうことができるな、と思いました。絵も丁寧に仕上げられていて好感が持てました。

    ラストのオチが良かったです。「あの時の絵本・・・今も大切にもってます!」のセリフから・・・これから「カイト先生」がどんな先生になっていくか、うかがうことができるな、と思いました。絵も丁寧に仕上げられていて好感が持てました。

  • おかざき 真里

    おかざき 真里

    マンガ家

    登場人物が全員善い人で、最後も良いお話にまとめあげていて素敵でした。ラストのコマも説明しすぎず「カイトくん」という台詞ひとつで納めたところが良かったです。

    登場人物が全員善い人で、最後も良いお話にまとめあげていて素敵でした。ラストのコマも説明しすぎず「カイトくん」という台詞ひとつで納めたところが良かったです。

  • 山本 健人

    山本 健人

    SNS医療のカタチ
    医師

    優しい絵柄と、緊迫感がストレートに伝わってくる描写に引きこまれました。また、意外な結末にも驚きました。医療従事者が心を尽くせばその恩を患者さんは長く覚えていてくださるものだと、改めて実感させられるストーリーでした。

    優しい絵柄と、緊迫感がストレートに伝わってくる描写に引きこまれました。また、意外な結末にも驚きました。医療従事者が心を尽くせばその恩を患者さんは長く覚えていてくださるものだと、改めて実感させられるストーリーでした。

  • 井上 祥

    井上 祥

    (株)メディカルノート
    代表取締役・共同創業者
    医師

    病気だった子どもが医師として活躍していく姿と共にチーム医療や病診連携を描いた本作品が特別賞に選考されました。作者のよっしーさんは他にも多くの作品を応募して下さり、ありがとうございました。

    病気だった子どもが医師として活躍していく姿と共にチーム医療や病診連携を描いた本作品が特別賞に選考されました。作者のよっしーさんは他にも多くの作品を応募して下さり、ありがとうございました。

  • 筑丸 志津子

    筑丸 志津子

    医師

    色々な場所で働いているスタッフの「チーム」の意識が描かれているところが良かったです。

    色々な場所で働いているスタッフの「チーム」の意識が描かれているところが良かったです。

  • 城 博俊

    城 博俊

    横浜市副市長

    丁寧に描かれる学習マンガのようなテイストで自然に読むことができました。

    丁寧に描かれる学習マンガのようなテイストで自然に読むことができました。

部門サポート企業コメント

CareNet

原作にないストーリーで、最後のオチもよくできていると思いました。小児科のエピソードですし、かわいいタッチも合っていると感じました。ただ、原作が実話なので、メインのストーリーが原作から離れすぎている気はしました。

第2回医療マンガ大賞受賞作品決定 第2回医療マンガ大賞開催決定

医療の視点プロジェクトとは

医療の視点 YOKOHAMA

「医療への視点が少し変わることで、異なる気づきが得られ、行動につながる」をコンセプトに2018年10月から取組をスタートしています。民間企業等との連携や、市民の皆様の関心事にフォーカスすることで、より印象に残りやすく、伝わりやすい広報に様々な切り口で取り組んでいます。

IRYO MANGA TAISHO