2020年の医療現場 (supported by メディカルノート)

Kuronさん

マンガに関連する取組・話題

もっと読んで知る

審査員コメント

  • 佐渡島 庸平

    佐渡島 庸平

    (株)コルク代表取締役
    編集者

    シンプルな絵だが、情報と感情のバランスがよくて非常に読みやすい。

    シンプルな絵だが、情報と感情のバランスがよくて非常に読みやすい。

  • こしの りょう

    こしの りょう

    マンガ家

    「コロナによる医療崩壊が起こるかもしれない、というのは切実な問題でした」と審査会の時にけいゆう先生から聞いて、一番その危機感がでてる作品だなと。私もどこか気を抜いてしまって、過去のものにしようとしてないか?と、あらためて問いなおさせてもらった作品です。

    「コロナによる医療崩壊が起こるかもしれない、というのは切実な問題でした」と審査会の時にけいゆう先生から聞いて、一番その危機感がでてる作品だなと。私もどこか気を抜いてしまって、過去のものにしようとしてないか?と、あらためて問いなおさせてもらった作品です。

  • おかざき 真里

    おかざき 真里

    マンガ家

    「この状態が続けば医療は崩壊する」のシーンが印象的でした。医療者のリアルがよくかけているなと思いました。

    「この状態が続けば医療は崩壊する」のシーンが印象的でした。医療者のリアルがよくかけているなと思いました。

  • 山本 健人

    山本 健人

    SNS医療のカタチ
    医師

    過酷な医療現場と医療従事者に対する周囲からの冷たい目線、スタッフの悩みや葛藤が分かりやすく伝わってきました。最後にホッとする家族とのやりとりがある中、ラストの一コマが「戦いは続く!」であるのもまた、リアリティのある決意が表現されていて素晴らしいと思いました。

    過酷な医療現場と医療従事者に対する周囲からの冷たい目線、スタッフの悩みや葛藤が分かりやすく伝わってきました。最後にホッとする家族とのやりとりがある中、ラストの一コマが「戦いは続く!」であるのもまた、リアリティのある決意が表現されていて素晴らしいと思いました。

  • 井上 祥

    井上 祥

    (株)メディカルノート
    代表取締役・共同創業者
    医師

    2020年の医療現場のハイライトとなったダイヤモンド・プリンセス号の対応を横浜市立大学で指揮した竹内一郎医師の「決死隊じゃない」という一言が印象的な一コマで描かれており、特別賞への選考となりました。

    2020年の医療現場のハイライトとなったダイヤモンド・プリンセス号の対応を横浜市立大学で指揮した竹内一郎医師の「決死隊じゃない」という一言が印象的な一コマで描かれており、特別賞への選考となりました。

  • 筑丸 志津子

    筑丸 志津子

    医師

    マンガで描かれている医療現場の状況が、現実の自分のクリニックでの状況と重なり、共感できました。

    マンガで描かれている医療現場の状況が、現実の自分のクリニックでの状況と重なり、共感できました。

  • 城 博俊

    城 博俊

    横浜市副市長

    当時の新型コロナウイルスがまだ分からないことだらけだった様子が、うまく表現されていると思います。

    当時の新型コロナウイルスがまだ分からないことだらけだった様子が、うまく表現されていると思います。

部門サポート企業コメント

メディカルノート

※審査員に井上祥(株)メディカルノート代表取締役・共同創業者が参加しているため部門サポート企業コメントはありません。

第2回医療マンガ大賞受賞作品決定 第2回医療マンガ大賞開催決定

医療の視点プロジェクトとは

医療の視点 YOKOHAMA

「医療への視点が少し変わることで、異なる気づきが得られ、行動につながる」をコンセプトに2018年10月から取組をスタートしています。民間企業等との連携や、市民の皆様の関心事にフォーカスすることで、より印象に残りやすく、伝わりやすい広報に様々な切り口で取り組んでいます。

IRYO MANGA TAISHO