2020年の医療現場 (supported by メディカルノート)

嘯さん

マンガに関連する取組・話題

もっと読んで知る

審査員コメント

  • 佐渡島 庸平

    佐渡島 庸平

    (株)コルク代表取締役
    編集者

    情報量が多いけれど正確に伝えようとしている。 情報をわかりやすく正確に伝えることができている。

    情報量が多いけれど正確に伝えようとしている。 情報をわかりやすく正確に伝えることができている。

  • こしの りょう

    こしの りょう

    マンガ家

    力作!!ここまで丹念に情報や機材など調べ描き込む作者の熱意に脱帽。登場人物にも名前を入れてあり、ここにも作者の作品への思い入れを感じました。きっと作者さんの頭の中にはこの病院がかなり細密にあるんだろうなぁと。今だからこそ多くの人に読んでほしい作品でもあります。

    力作!!ここまで丹念に情報や機材など調べ描き込む作者の熱意に脱帽。登場人物にも名前を入れてあり、ここにも作者の作品への思い入れを感じました。きっと作者さんの頭の中にはこの病院がかなり細密にあるんだろうなぁと。今だからこそ多くの人に読んでほしい作品でもあります。

  • おかざき 真里

    おかざき 真里

    マンガ家

    嘯先生は医療者なのでしょうか、とても細かくて医療用語もたくさん書かれていて読者としてこういう描写は信用につながります。漫画として説明しすぎかもと思いましたが、コロナ禍の現在これくらい読み応えのあるものが良いと思いました。

    嘯先生は医療者なのでしょうか、とても細かくて医療用語もたくさん書かれていて読者としてこういう描写は信用につながります。漫画として説明しすぎかもと思いましたが、コロナ禍の現在これくらい読み応えのあるものが良いと思いました。

  • 山本 健人

    山本 健人

    SNS医療のカタチ
    医師

    美しい絵と、新型コロナウイルス関連の丁寧な解説、現場の大変さのリアリティ、どれをとっても素晴らしい完成度だと思いました。楽しく読んでいると気づかないうちに感染症に関する知識が身についている、というのは、啓発を考える上で理想的な姿だと感じました。

    美しい絵と、新型コロナウイルス関連の丁寧な解説、現場の大変さのリアリティ、どれをとっても素晴らしい完成度だと思いました。楽しく読んでいると気づかないうちに感染症に関する知識が身についている、というのは、啓発を考える上で理想的な姿だと感じました。

  • 井上 祥

    井上 祥

    (株)メディカルノート
    代表取締役・共同創業者
    医師

    感染力や重症化率、感染防御など詳細にわたり説明がとても詳しく書かれておりました。2020年の医療現場の詳細や背景を「学べる漫画」として特別賞への選考となりました。

    感染力や重症化率、感染防御など詳細にわたり説明がとても詳しく書かれておりました。2020年の医療現場の詳細や背景を「学べる漫画」として特別賞への選考となりました。

  • 筑丸 志津子

    筑丸 志津子

    医師

    細かな描写に圧倒されました。最後のシーンで、医師もひとりの人間であり、家族がいるというところが自然に描かれていました。

    細かな描写に圧倒されました。最後のシーンで、医師もひとりの人間であり、家族がいるというところが自然に描かれていました。

  • 城 博俊

    城 博俊

    横浜市副市長

    医療現場のリアルなカットを織り込み、スピード感も感じる展開で、新型コロナ対策に立ち向かう医師の想いが良く描けている。最後の子供の笑顔がいいですね。

    医療現場のリアルなカットを織り込み、スピード感も感じる展開で、新型コロナ対策に立ち向かう医師の想いが良く描けている。最後の子供の笑顔がいいですね。

部門サポート企業コメント

メディカルノート

※審査員に井上祥(株)メディカルノート代表取締役・共同創業者が参加しているため部門サポート企業コメントはありません。

第2回医療マンガ大賞受賞作品決定 第2回医療マンガ大賞開催決定

医療の視点プロジェクトとは

医療の視点 YOKOHAMA

「医療への視点が少し変わることで、異なる気づきが得られ、行動につながる」をコンセプトに2018年10月から取組をスタートしています。民間企業等との連携や、市民の皆様の関心事にフォーカスすることで、より印象に残りやすく、伝わりやすい広報に様々な切り口で取り組んでいます。

IRYO MANGA TAISHO