2020年の医療現場 (supported by メディカルノート)

はな奈さん

マンガに関連する取組・話題

もっと読んで知る

審査員コメント

  • 佐渡島 庸平

    佐渡島 庸平

    (株)コルク代表取締役
    編集者

    画的にすごく読みやすくて、内容がすっと頭にはいってきて、画も非常に魅力的。 これからは縦スクのほうが読みやすいと思うので、 読みやすい形式で書いてくれてるだけでも評価が高い。

    画的にすごく読みやすくて、内容がすっと頭にはいってきて、画も非常に魅力的。 これからは縦スクのほうが読みやすいと思うので、 読みやすい形式で書いてくれてるだけでも評価が高い。

  • こしの りょう

    こしの りょう

    マンガ家

    今年だからこそのお題で一番構成するのが難しいのではないかと思っていたのですが、とてもうまくまとまっていて読みやすかったです。重要なセリフをあえて、落ち着いて抑えた言い方に描くことで現場のリアルな感じがしました。冷静でいながら情熱をもってあたる感じというか。ラストの表現も希望を感じさせてくれました。

    今年だからこそのお題で一番構成するのが難しいのではないかと思っていたのですが、とてもうまくまとまっていて読みやすかったです。重要なセリフをあえて、落ち着いて抑えた言い方に描くことで現場のリアルな感じがしました。冷静でいながら情熱をもってあたる感じというか。ラストの表現も希望を感じさせてくれました。

  • おかざき 真里

    おかざき 真里

    マンガ家

    このエピソードは誰もが知っていてまた渦中にあるものなので、表現として距離感が大事だなと思いました。そういう意味で、はな奈先生の大仰すぎずトーンを抑えた描き方が読みやすく入ってきやすかったです。不安表現も縦スクロールの使い方であらわしていて、上手いなあと思いました。

    このエピソードは誰もが知っていてまた渦中にあるものなので、表現として距離感が大事だなと思いました。そういう意味で、はな奈先生の大仰すぎずトーンを抑えた描き方が読みやすく入ってきやすかったです。不安表現も縦スクロールの使い方であらわしていて、上手いなあと思いました。

  • 山本 健人

    山本 健人

    SNS医療のカタチ
    医師

    過酷な医療現場で働く医療従事者の悩みや不安、葛藤、そして周囲からの非難などが、手や目、背景の描写によって表されていて、感銘を受けました。一方で、随所に入れられた薄いブルーが全体を重くなりすぎないよう、爽やかさの演出に一役買っていて、それもまた素晴らしいと感じました。

    過酷な医療現場で働く医療従事者の悩みや不安、葛藤、そして周囲からの非難などが、手や目、背景の描写によって表されていて、感銘を受けました。一方で、随所に入れられた薄いブルーが全体を重くなりすぎないよう、爽やかさの演出に一役買っていて、それもまた素晴らしいと感じました。

  • 井上 祥

    井上 祥

    (株)メディカルノート
    代表取締役・共同創業者
    医師

    2020年、新型コロナウイルス感染症と戦う医療現場をきれいな絵と表情豊かな登場人物で描き、良い作品が多く最終投票まで行く接戦の部門での見事な入賞となりました。めずらしい縦スクロールの漫画作品として印象的であるという意見も出ました。

    2020年、新型コロナウイルス感染症と戦う医療現場をきれいな絵と表情豊かな登場人物で描き、良い作品が多く最終投票まで行く接戦の部門での見事な入賞となりました。めずらしい縦スクロールの漫画作品として印象的であるという意見も出ました。

  • 筑丸 志津子

    筑丸 志津子

    医師

    現場を守る医師の葛藤が伝わってきました。最後のシーンでマスクを外して、タブレット越しに子どもと会話をするときのほっとした表情が共感できました。

    現場を守る医師の葛藤が伝わってきました。最後のシーンでマスクを外して、タブレット越しに子どもと会話をするときのほっとした表情が共感できました。

  • 城 博俊

    城 博俊

    横浜市副市長

    スマートフォンでも読みやすいように、最近主流の縦スクロール形式でコマ割りが配慮されていて、展開もうまいと感じました。新型コロナ対策に立ち向かう医療従事者へ向けられた優しい作者の視線を感じます。

    スマートフォンでも読みやすいように、最近主流の縦スクロール形式でコマ割りが配慮されていて、展開もうまいと感じました。新型コロナ対策に立ち向かう医療従事者へ向けられた優しい作者の視線を感じます。

部門サポート企業コメント

メディカルノート

※審査員に井上祥(株)メディカルノート代表取締役・共同創業者が参加しているため部門サポート企業コメントはありません。

第2回医療マンガ大賞受賞作品決定 第2回医療マンガ大賞開催決定

医療の視点プロジェクトとは

医療の視点 YOKOHAMA

「医療への視点が少し変わることで、異なる気づきが得られ、行動につながる」をコンセプトに2018年10月から取組をスタートしています。民間企業等との連携や、市民の皆様の関心事にフォーカスすることで、より印象に残りやすく、伝わりやすい広報に様々な切り口で取り組んでいます。

IRYO MANGA TAISHO