コミュニケーションの難しさ (supported by 日経メディカル)

小山コータローさん

マンガに関連する取組・話題

もっと読んで知る

審査員コメント

  • 佐渡島 庸平

    佐渡島 庸平

    (株)コルク代表取締役
    編集者

    どうしたらこういう発想がわくのか。思考の自由さ具合がすばらしい。

    どうしたらこういう発想がわくのか。思考の自由さ具合がすばらしい。

  • こしの りょう

    こしの りょう

    マンガ家

    言うことありません。このままブレずに「小山コータロー」さんを歩んでもらいたい!以上です。先生ありがとう!いい薬です!

    言うことありません。このままブレずに「小山コータロー」さんを歩んでもらいたい!以上です。先生ありがとう!いい薬です!

  • おかざき 真里

    おかざき 真里

    マンガ家

    大仰にせずありのままを伝えたほうが良いエピソードだったので入賞は逃しましたが、一回読んだら忘れない癖のある世界観で素敵だと思います。

    大仰にせずありのままを伝えたほうが良いエピソードだったので入賞は逃しましたが、一回読んだら忘れない癖のある世界観で素敵だと思います。

  • 山本 健人

    山本 健人

    SNS医療のカタチ
    医師

    私自身、昔からシュールなギャグ漫画が好きなので、小山コータローさんのテイストはかなり楽しめました。「いや、薬の父とかじゃなくて」とか素晴らしいセリフですよね。最後のコマの、「先にお風呂入りなよ」のセリフから普段父は入浴していることがうかがわれるにもかかわらず、父の「いいよオレ、溶けちゃうし」の理不尽さも最高です。

    私自身、昔からシュールなギャグ漫画が好きなので、小山コータローさんのテイストはかなり楽しめました。「いや、薬の父とかじゃなくて」とか素晴らしいセリフですよね。最後のコマの、「先にお風呂入りなよ」のセリフから普段父は入浴していることがうかがわれるにもかかわらず、父の「いいよオレ、溶けちゃうし」の理不尽さも最高です。

  • 井上 祥

    井上 祥

    (株)メディカルノート
    代表取締役・共同創業者
    医師

    昨年に続き、様々な作品がある中でも目を引く尖ったものを応募していただきました。ストーリーも全く思いつかないような工夫をこらしたものであり、特別賞の選考となりました。

    昨年に続き、様々な作品がある中でも目を引く尖ったものを応募していただきました。ストーリーも全く思いつかないような工夫をこらしたものであり、特別賞の選考となりました。

  • 筑丸 志津子

    筑丸 志津子

    医師

    主人公をカプセルにした発想が面白い。読み手の想像を膨らませ良いと思います。

    主人公をカプセルにした発想が面白い。読み手の想像を膨らませ良いと思います。

  • 城 博俊

    城 博俊

    横浜市副市長

    想像していない切り口で描かれた作品に大変驚きました。

    想像していない切り口で描かれた作品に大変驚きました。

部門サポート企業コメント

日経メディカル

初見では、絵柄に嫌悪感を覚えてきちんと読めませんでしたが、気を取り直してじっくり読んでみると、クスッとできるところが幾つもあり、これはこれでアリなのかも、と思い直しました。ギャグ漫画好きの読者にとって、本作が医療マンガ大賞のことを知るきっかけになってくれるといいなと思います。

第2回医療マンガ大賞受賞作品決定 第2回医療マンガ大賞開催決定

医療の視点プロジェクトとは

医療の視点 YOKOHAMA

「医療への視点が少し変わることで、異なる気づきが得られ、行動につながる」をコンセプトに2018年10月から取組をスタートしています。民間企業等との連携や、市民の皆様の関心事にフォーカスすることで、より印象に残りやすく、伝わりやすい広報に様々な切り口で取り組んでいます。

IRYO MANGA TAISHO