人生の最終段階-事例B (supported by 朝日新聞)

mekamekaさん

マンガに関連する取組・話題

もっと読んで知る

審査員コメント

  • 佐渡島 庸平

    佐渡島 庸平

    (株)コルク代表取締役
    編集者

    画にすごく味があって、登場人物のキャラクターが伝わってくる。 コマワリのテンポもよくて魅力的。

    画にすごく味があって、登場人物のキャラクターが伝わってくる。 コマワリのテンポもよくて魅力的。

  • こしの りょう

    こしの りょう

    マンガ家

    シンプルな絵なのだけれど感情が伝わってくる。小田さんのいやらしさも一番出ていた作品。だからこそ、わかりあえた時のカタルシスも大きかったです。看護師さんの本音もグッときました。予定調和から一歩踏み出しても、それでも繋がってる感じ。人間同士が描けてるなあと。個人的に大賞候補推でした。

    シンプルな絵なのだけれど感情が伝わってくる。小田さんのいやらしさも一番出ていた作品。だからこそ、わかりあえた時のカタルシスも大きかったです。看護師さんの本音もグッときました。予定調和から一歩踏み出しても、それでも繋がってる感じ。人間同士が描けてるなあと。個人的に大賞候補推でした。

  • おかざき 真里

    おかざき 真里

    マンガ家

    車椅子の「小田さん」のキャラがものすごく強くて最初読んだときは戸惑いました。けれど絵が上手くて、表現でそれをカバーし最後まで読ませる力がすごいなと思いました。この絵でしたら難しい題材も料理できそうです。

    車椅子の「小田さん」のキャラがものすごく強くて最初読んだときは戸惑いました。けれど絵が上手くて、表現でそれをカバーし最後まで読ませる力がすごいなと思いました。この絵でしたら難しい題材も料理できそうです。

  • 山本 健人

    山本 健人

    SNS医療のカタチ
    医師

    患者さん(利用者さん)の希望をどこまで叶えるべきか、どこまでが医療従事者の仕事とすべきなのか、といった線引きは必ずしも明確ではありません。こうした悩みがユニークな登場人物とともに描かれていて、楽しく読みながら、大切なメッセージもストレートに伝わる、素晴らしい作品でした。

    患者さん(利用者さん)の希望をどこまで叶えるべきか、どこまでが医療従事者の仕事とすべきなのか、といった線引きは必ずしも明確ではありません。こうした悩みがユニークな登場人物とともに描かれていて、楽しく読みながら、大切なメッセージもストレートに伝わる、素晴らしい作品でした。

  • 井上 祥

    井上 祥

    (株)メディカルノート
    代表取締役・共同創業者
    医師

    強烈なキャラクターの主人公が縦横無尽に動きまわる大変印象的な作品でした。他にも良作が多い中、接戦となりましたが本作品が最終投票を制し、入賞となりました。

    強烈なキャラクターの主人公が縦横無尽に動きまわる大変印象的な作品でした。他にも良作が多い中、接戦となりましたが本作品が最終投票を制し、入賞となりました。

  • 筑丸 志津子

    筑丸 志津子

    医師

    介護者と利用者さんのコミュニケーションが丁寧に描かれていて、読みやすかったです。

    介護者と利用者さんのコミュニケーションが丁寧に描かれていて、読みやすかったです。

  • 城 博俊

    城 博俊

    横浜市副市長

    エピソードに作者なりのストーリーが加えられていて、介護従事者の気持ちの変化が良く描かれていると思いました。

    エピソードに作者なりのストーリーが加えられていて、介護従事者の気持ちの変化が良く描かれていると思いました。

部門サポート企業コメント

朝日新聞

何と言っても、小田さんの表情の描き方と変化が、すばらしい。「わがまま感」もたっぷり出ています。それに振り回されている片桐さんの様子も、うまく表現されていますね。元英語教師の設定なので、英語でのやりとりを入れたところもいいです。圧巻は、最後の方で、小田さんが車いすから飛ばされ、片桐さんが受け取るシーン。芸が細かく、全体構成も良かったと思います。

第2回医療マンガ大賞受賞作品決定 第2回医療マンガ大賞開催決定

医療の視点プロジェクトとは

医療の視点 YOKOHAMA

「医療への視点が少し変わることで、異なる気づきが得られ、行動につながる」をコンセプトに2018年10月から取組をスタートしています。民間企業等との連携や、市民の皆様の関心事にフォーカスすることで、より印象に残りやすく、伝わりやすい広報に様々な切り口で取り組んでいます。

IRYO MANGA TAISHO